設備のご案内


白内障をはじめとする手術療法に対応。最新医療設備が充実。

心がけているのは 患者様本位であること

技術の向上と最新機器の導入により、適切な診断と治療ができる体制づくりに努めています。

白内障手術、網膜硝子体手術も多く実施しております。

院内紹介

受付・待合

検査室・中待合

当院では 患者様に安心して診察を受けていただけるよう、

すべての部屋にオゾン発生器を設置しております。

検査室は換気を行い 密を避けた環境づくりを心掛けております。

診察室

レーザー室

網膜裂孔、糖尿病網膜症、緑内障などの治療に用います。

後発白内障に対するYAGレーザーも行います。

手術室

病室・リカバリールーム

患者様のプライバシーに配慮した空間で、手術前・手術後はゆったりお休みいただきます。

検査機器

Optos California / Nikon

眼底の約80%を撮影することが可能な超広角眼底カメラです。

眼底周辺部の病変も見ることができます。

糖尿病の方の眼底検査も瞳孔を開かずに検査することが可能です。

Eidon Af / CenterVue

ホワイトLEDの照明を使用することで本来の眼底により近い色合いの画像が撮影できます。

針の先程の細かな出血も発見することができ、より詳細に病変を把握することが可能です。

RS-3000(光干渉断層計 OCT) / Nidek

網膜の断層面を捉え、視力低下の原因を調べます。

黄斑疾患だけでなく緑内障の診断にも用います。

モードを変えることにより非侵襲で血液の流れも調べる事ができます。

CASIA2(前眼部 OCT) / TOMEY

角膜から水晶体後面までの3次元撮影を非接触で行うことが可能です。

角膜形状の解析や閉塞隅角緑内障の診断、白内障手術の検査に用います。

OA-2000(光学式眼軸長測定装置) / TOMEY

白内障の術前検査に用います。

眼軸長や角膜曲率半径などのデータを測定し、眼内レンズの度数を計算します。

従来の機械に比べ、白内障の混濁が強い場合にも測定可能率が高くなりました。

スポットビジョンクリーナー / WelchAllyn

遠視・近視・乱視・斜視のスクリーニングに用います。

まだ視力検査ができない生後6カ月ごろから検査可能です。

電子カルテ

Medius / beeline

当院では電子カルテを導入し診療を行っております。

全ての検査機器が接続されており、当日の画像や数値、過去のデータまで確認が可能です。

手術機器

NGENUITY / Alcon

  • 55インチ、3D、4K有機ELサージカルディスプレイ
  • ツインセンサー3D ハイダイナミックレンジ(HDR)カメラ
  • 高速画像処理機能

3Dビジュアルシステムにより眼底を細部まで立体的に捉えることが可能です。

手術室にいる誰もがディスプレイから同じ手術映像をリアルタイムで確認できることにより、オペ室でのコミュニケーションもスムーズです。

CENTURION VISION SYSTEM / Alcon

ハンドピースに内蔵されたセンサーで手術中の眼圧変動をいち早く検知し、手術中の眼圧を一定に維持します。

安全でコントロール性の高い白内障手術を可能とします。

EVA / DORC

世界初のTDCカッターを採用。硝子体切除時間を大幅に短縮することを可能としました。

VacuFlow VTi 2種類のポンプを採用し、安定した吸引を実現。

安全な手術をサポートします。